www.australroad.com

ヘルペスについて 単純疱疹と帯状疱疹

一般的にヘルペスは2つの状態を指します。
言いにくい悩みに関しての情報はヘルペスをご覧ください。

 

単純疱疹と帯状疱疹です。

 

単純疱疹は主に顔面周辺にでき、皮膚が赤くひりひりするような感じがあります。そして水泡状のものができて広がります。一般的には風邪など身体の免疫力が落ちたときに発生するといわれており、毎週できる場合もあれば、数年感できない場合もあるようです。放置しておいても2週間ほどで治るようですが、抗ウイルス剤を使えば、早期治療につながるほか、症状も和らげることができます。
性器にできるのはヘルペスは、性器疱疹でこれは性病として他人にうつる可能性があります。
体に関して困ったらここ→ヘルペス 薬

 

帯状疱疹は身体の中のヘルペスウイルスが神経に沿って、免疫力の低下により暴れだした状態で、最初にかゆみと違和感、そしてチクチクと持続的な痛みを感じます。赤い帯状に発疹ができます。脇腹、頭、顔などに主に発現します。
2週間ほどで完治しますが、症状は人によって様々であり、重症化すれば入院の必要も出てきます。目に出来れば視神経がおかされて失明の可能性もある病気です。治療が遅れればヘルペスが治っても、神経痛が残る帯状疱疹後神経痛という症状がでる場合もあります。
知りたい情報はここ→カポジ水痘様発疹症を参考にしてください。